トップページ 研究内容紹介 スタッフ・メンバー 最近の動向 当研究室が掲載されている出版物 業績リスト リンク

 

田畑泰彦教授が主催いたしました第37回日本炎症・再生医学会が成功裏に終了いたしました。
皆様のご協力・ご支援を感謝申し上げます。

村谷誠司さんが第37回日本炎症・再生医学会において優秀演題賞を受賞しました!
演題名:糖応答性ハイドロゲルを用いた血管様構造の作製
田村亮先生が第37回日本炎症・再生医学会において優秀演題賞を受賞しました!
演題名:Pullulan修飾による間葉系幹細胞由来エクソソームの肝障害モデルにおける治療効果

研究成果を報告しました。
「特発性大腿骨頭壊死症に対する再生医療の良好な結果 」


研究成果を報告しました。
「心臓組織シートを、細胞が生きた状態で簡便に積層化する方法の開発」


共同研究者の木原伸介先生が第37回日本バイオマテリアル学会大会において
最優秀ハイライト発表:Journal of Materials Chemistry B賞を受賞

演題名:エイコタペンタエン酸は軟骨細胞の変性と変形性関節症の進行を抑制する
発表者:木原伸介、林伸也、明石祐典、永田純平、竹内裕一、羽田勝彦、鎮西伸顕、神埼至幸、
橋本信吾、黒田良祐、田畑泰彦、黒坂昌弘
       (神戸大学大学院医学研究科、京都大学再生医科学研究所)

第37回日本バイオマテリアル学会大会において、以下の発表がハイライト発表に選定されました!
演題名:iPS細胞を用いた心臓再生の試み−バイオマテリアルの幹細胞生化学への応用−
発表者:山下潤 (京都大学iPS細胞研究所)

演題名:炎症イメージング効率の向上を目指した高分子ミセルによる難水溶性蛍光色素の水可溶化
発表者:城潤一郎、達冨幹生、田畑泰彦 (京都大学再生医科学研究所)

演題名:生体機能性ハイドロゲルを用いた三次元細胞培養環境の評価
発表者:戸田裕之、山本雅哉、田畑泰彦 (京都大学再生医科学研究所)

戸田裕之さんが第43回医用高分子シンポジウムにおいてポスター発表優秀賞を受賞しました!
演題名:生体機能性ハイドロゲルを用いた三次元培養環境の構築

山本雅哉准教授が第二回京都SMI中辻賞を受賞されました!
研究テーマ:再生医療のための機能性ハイドロゲル生体材料の開発
pdfファイル

田畑泰彦教授の記事が山陰中央新報(2014.12.2)に掲載されました!
山陰中央新報 pdfファイル

鷲尾絢子先生が日本歯内療法学会においてポスター賞を受賞しました!
演題名:象牙質・歯髄複合体の再生誘導に用いるゼラチン-バイオガラス複合スポンジの検討

鶴見大学・金指先生が第7回臨床薬理研究振興財団研究大賞を受賞しました!
研究テーマ:薬物送達システム徐放化多血小板血漿(DDS-PRP)を用いた歯周組織再生療法の確立と安全性検証


田畑泰彦教授の記事がKRP PRESS vol. 136 (2014.5)に掲載されました!
KRP PRESS vol. 136(2014.5) pdfファイル

田畑泰彦教授の記事がMedical Tribune(2014.3.27)に掲載されました!
Medical Tribune pdfファイル

田畑泰彦教授の記事が朝日新聞(2014.3.21)に掲載されました!
朝日新聞 pdfファイル

田畑泰彦教授の記事がMedical Tribune(2014.2.20)に掲載されました!
Medical Tribune pdfファイル

田畑泰彦教授がTBS「夢の扉」(2014年7月27日日曜日)に出演しました!
http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/future/(番組HP)


田畑泰彦教授が、「ホンマでっか!?TV」に出演しました!
概要:「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系列)2014年6月4日(水)21時〜 放送
※番組ホームページ(http://www.fujitv.co.jp/b_hp/honma-dekka/index.html)


田畑泰彦教授の記事が2013年11月14日の日経新聞(夕刊)に掲載されました!
日経新聞pdfファイル


田畑泰彦教授のインタビュー記事が掲載されました!
未来医療への挑戦者たち【RedMed-now】より
Part1. ビジネスという視点
Part2. 「目標がない」それが私の目標


田畑泰彦教授が、「ホンマでっか!?TV」に出演しました!!
概要:「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系列)2012年9月5日(水)21時〜 放送 テーマ「驚きの最新医療」
※番組ホームページ(http://www.fujitv.co.jp/b_hp/honma-dekka/index.html)


田畑泰彦教授のインタビュー記事が掲載されました!
インタビュー企画『未来医療への挑戦者たち』シリーズ第5弾 田畑泰彦
-GCOEメールマガジン【RegMed-now】より一部抜粋-
第1回「研究者・田畑泰彦ができるまで」
第2回「高分子から人体へ」
第3回「実用化されてこその研究」
最終回「研究者として、教育者として」


田島脩平さんが、第33 回日本炎症・再生医学会にて優秀演題賞を受賞しました!!
演題名「塩基性線維芽細胞増殖因子徐放性ゼラチン粒子を含む細胞集合体の作製」

戸田裕之さんが、 第33 回日本炎症・再生医学会にて優秀演題賞を受賞しました!!
演題名「間葉系幹細胞の分化に適した硬さに変化する刺激応答性ハイドロゲル培養基材の作製」


再生医療を支えるモノづくりガイドブック(初版・更新版)が発行されました。
・初版(2010年6月発行) pdfファイル
・更新版(2011年2月発行) pdfファイル


田畑泰彦教授が、「ホンマでっか!?TV」に出演しました!!
概要:「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系列)2012年2月1日(水)21時〜 放送 テーマ「驚きの最新医療」
※番組ホームページ(http://www.fujitv.co.jp/b_hp/honma-dekka/index.html)


京都大学医学部形成外科の河合先生が、1月14日に大阪で開催された第20回日本熱傷学会近畿地方会にて
学術奨励賞を受賞されました!!
演題名「動物熱傷モデルを用いたbFGF徐放性ゼラチンシートの治療効果」


田畑泰彦教授が、1月6日から8日にかけてインドのチェンナイで開催された
International Conference on Biomaterials Implant Devices and Tissue Engineering 2011
(http://www.rajalakshmi.org/bidte-2012/index.html) にて、
the Chandra P Sharma Award for the year 2011 を受賞しました!!
タイトル:Tissue engineering technology indispensable for regeneration therapy and stem cell biology


共同研究者の日本歯科大学生命歯学部 浅野一成先生が、2つの学会にて受賞しました!!
NATIONAL CAMLOG CONGRESS 2011 (10月29-30日)
ポスター賞3位入賞
タイトル「垂直的・恆攝カを目的としたGBRのための熱可塑性メンブレン」
第15回日本顎顔面インプラント学会・学術大会 (12月3-4日)
学術大会優秀発表賞
演題名「熱可塑性poly(L-lactic acid)バリアメンブレンによる骨再生誘導」・Ei口頭発表)


医学研究科博士課程の根来宏光さんが、離乳後のマウスの排尿測定の発表で、5月14日から19日にかけてワシントンで開催された
米国泌尿器科学会 American Urological Association Annual Meeting 2011
http://www.aua2011.org/
にて、Pediatrics: Basic Research の分野でベストポスター賞に選出されました!!
タイトル:DEVELOPMENTAL ANALYSIS OF MICTURITION IN INFANT MOUSE IMMEDIATELY AFTER WEANING MEASURED BY A NEW RECORDING SYSTEM, AUTOMATED VOIDED STAIN ON PAPER (AVSOP) METHOD


平成23年2月1日付で山本雅哉助教が准教授に昇任しました。


田畑泰彦教授の教授就任10周年記念同窓会を開催しました。


共同研究者の日本医科大学再生医療科 高木元先生が、 第40回日本創傷治癒学会にて学会賞を受賞しました!!
演題名「再生誘導医療基礎研究の実践的臨床応用」


山本雅哉助教が、 第32回日本バイオマテリアル学会大会にて科学奨励賞を受賞しました!!
演題名「細胞周辺環境としての機能性バイオマテリアル足場の開発」


医学研究科博士課程の平井健次郎さんが、 第65回日本消化器外科学会総会にて優秀演題賞を受賞しました!!
演題名「腸管吻合部創傷治癒に対する徐放化塩基性線維芽細胞増殖因子の効果」


山本雅哉助教が、 第9回日本再生医療学会総会にて若手研究奨励賞(優秀賞)を受賞しました!!
演題名「徐放化骨形成因子を組み込んだ機能性バイオマテリアルを用いた放射線照射骨欠損の再生誘導」


研究員の上杉佳子さんが、 日本薬学会第130年会にてポスター発表を行い、ハイライトポスターに選出されました!!
演題名「超音波を利用した血栓溶解剤デリバリーシステムの開発」


修士課程卒業生の林健太朗さんが、 第9回日本再生医療学会総会にてベストポスター賞を受賞しました!!
演題名「組織幹細胞と生体吸収性粒子からなる細胞凝集体の作製および機能評価」


サイエンス・ニュース・ネットワーク 第41回
昌子の部屋:第13回 田畑泰彦先生(京都大学再生医学研究所教授)
前編「工学・医学・薬学の境界領域研究」
http://sciencenews.jp/index41.html

サイエンス・ニュース・ネットワーク 第42回
昌子の部屋:第13回 田畑泰彦先生(京都大学再生医学研究所教授)
後編「工学・医学・薬学の境界領域研究」
http://sciencenews.jp/index42.html