腱・靭帯分化の分子機構に関する研究

腱・靭帯は,栄養血管が極めて乏しいため,外傷などの瞬間的な外力によって,一旦,損傷されると,機能的, 生体力学的に十分に再生させることは極めて困難で,その機能障害によって容易に関節症へ移行する.従って, 整形外科領域では,腱や靭帯は軟骨と並んで組織再生の重要な標的となっている.しかしながら,腱や靭帯の組 織形成の分子機構に関しては,これらの細胞を特 徴づける分化マーカーがなかったので,これまで 国内外を問わず,ほとんど解析がなされていない .一方,新規ChM-I 関連 遺伝子であるTeM ,間葉系組織では,腱・靭 帯に特異的に発現する膜貫通蛋白質であることが明らかになっている。そこで、発生過程におけるTeM の発現局在をニワトリ胚にて詳細に解析した.既に,ニワトリ胚ではシンデトームのマーカーであるbasic HLH転写因子scleraxis が腱・靭帯前駆細胞と分化細胞の両方で発現していることが報告されている.scleraxis と異なり,TeM は腱・靭帯原基の形成とともに誘導され,前駆細胞での発現は検出されないことから,腱・靭帯の分化形質発現の新しい指標となると考えられる.また,培養細胞では分化能を保持した腱・靭帯細胞にのみTeM の発現が検出されることから,腱・靭帯の細胞を特徴づける特異的表面マーカーとしての有効性が 期待されている.