2013年3月8日
鄭 雄一先生
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授、医学系研究科特任教授
「骨形成シグナルの解明と人工骨の開発」
再生医科学研究所にて
2013年2月22日
工藤 明先生
東京工業大学大学院 生命理工学研究科 教授
「メダカを用いた骨発生・骨形成の解析:破骨細胞のライブイメージング」
再生医科学研究所にて
2013年1月31日
池川 志郎博士
独立行政法人 理化学研究所 ゲノム医科学研究センター・骨関節疾患研究チーム/京都大学再生医科学研究所・客員准教授
「運動器疾患のゲノム解析-遺伝子から分子病態へ」
再生医科学研究所にて
2013年1月25日
小守 壽文先生
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 生命医科学講座細胞生物学分野 教授
「骨格形成におけるCbfbの役割」
再生医科学研究所にて
2012年3月23日
鄭 雄一先生
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授、医学系研究科特任教授
「高機能人工骨の開発」
再生医科学研究所にて
2012年2月24日
池川 志郎博士
独立行政法人 理化学研究所 ゲノム医科学研究センター・骨関節疾患研究チーム/京都大学再生医科学研究所・客員准教授
「ゲノムワイド相関解析の課題と今後の展開?特発性側わん症を例に」
再生医科学研究所にて
2012年2月3日
小守 壽文先生
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 生命医科学講座細胞生物学分野 教授
「骨細胞ネットワークを介した解糖系酵素Pyruvate dehydrogenase 4 (Pdk4)による非荷重時の骨量制御」
再生医科学研究所にて
2011年3月18日
鄭 雄一先生
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授、医学系研究科特任教授
「骨形成性シグナルネットワークの解析と高機能人工骨の開発」
再生医科学研究所にて
2011年3月11日
池川 志郎博士
独立行政法人 理化学研究所 ゲノム医科学研究センター・骨関節疾患研究チーム/京都大学再生医科学研究所・客員准教授
「ヌクレオチド代謝関連遺伝子と骨・関節疾患:異所性骨化を中心に」
再生医科学研究所にて
2011年2月9日
小守 壽文先生
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 生命医科学講座細胞生物学分野 教授
「Bc12 ファミリー分子による骨芽細胞、骨量制御」
再生医科学研究所にて
2010年2月18日
小守 壽文先生
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 生命医科学講座細胞生物学分野 教授
「骨芽細胞分化と血管新生」
再生医科学研究所にて
2010年2月5日
池川 志郎博士
独立行政法人 理化学研究所 ゲノム医科学研究センター・骨関節疾患研究チーム/京都大学再生医科学研究所・客員准教授
「医科遺伝学による骨関節疾患の研究」
再生医科学研究所にて
2009年3月6日(金)
小守 壽文先生
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 生命医科学講座細胞生物学分野 教授
「Aktシグナルによる骨格形成機構」
再生医科学研究所にて
2009年2月27日(金)
鄭 雄一先生
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授、医学系研究科特任教授
「骨・軟骨再生のための高機能インプラントデバイスの創製」
再生医科学研究所にて
2008年2月29日(金)
池川 志郎博士
独立行政法人 理化学研究所 ゲノム医科学研究センター・骨関節疾患研究チーム/京都大学再生医科学研究所・客員准教授
「ゲノム医科学による生活習慣病の解明ー骨・関節疾患を例に」
再生医科学研究所にて
2008年9月22日(月)
Prof. Gerd Scherer
Institute of Human Genetics and Anthropology, University of Freiburg, Freiburg ,Germany.
“SOX9 and Campomelic Dysplasia: A Molecular and Clinical Overview.”
再生医科学研究所にて
2008年5月13日(火)
Dr. Peter Bruckner, Ph.D.
University Hospital of Muenster, Institute for Physiological Chemistry & Pathobiochemistry, Germany.
“Chondrocytes sense extracellular matrix suprastructures: The never ending story of cartilage collagens”
再生医科学研究所にて
2008年3月18日(火)
Dr. Thiennu Vu, M.D, Ph.D.
Associate Professor of Medicine, Division of Pulmonary and Critical Care Medicine, Lung Biology Center
“Pulmonary Vascular Development and Lung Morphogenesis.”
再生医科学研究所にて
2008年3月14日(金)
鄭 雄一先生
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリ ング専攻 教授、医学系研究科兼務
「骨軟骨再生のためのシグ8ナル因子とスカフォールド」
再生医科学研究所にて
2008年2月29日(金)
池川 志郎博士
独立行政法人 理化学研究所 遺伝子多型研究センター・変形性関節症関連遺伝 子研究チーム /京都大学再生医科学研究所・客員准教授
「骨・関節疾患のゲノム解析」
再生医科学研究所にて
2008年2月21日(木)
小守 壽文先生
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 生命医科学講座・教授
「骨細胞ネットワークによる骨量調節」
再生医科学研究所にて
2007年12月4日(火)
佐藤 靖史先生
東北大学加齢医学研究所、腫瘍循環研究分野
「Vasohibin famiy:血管新生の新しい調節系」
再生医科学研究所にて
2007年11月27日(火)
浅原 弘嗣先生
国立成育医療センター研究所 移植・外科研究部
「3次元WISHデータベース構築を機軸とした運動器発生分化メカニズムの解析」
再生医科学研究所にて
2007年11月22日(木)
松本 邦夫先生
金沢大学がん研究所・腫瘍動態制御研究分野・教授
「HGF-Met系を介した再生制御とNK4による制癌:メカニズムと意義」
再生医科学研究所にて
2007年11月9日(金)
Prof. Dr. Phoebe S Lebo
Professor of Biochemistry,University of Pennsylvania
“Mechanisms of BMP action in Bone Formation”
再生医科学研究所にて
2007年3月23日(金)
近藤 淳 博士
三菱ウェルファーマ株式会社 創薬本部研究部門探索研究所プロテオミクスグループ
グループマネージャー
「哺乳動物の冬眠 -低体温を生きる-」
再生医科学研究所にて
2007年3月22日(木)
Yasuhiro Sawada, M.D., Ph.D.
Research Associates,
Department of Biological Sciences, Columbia University,
 「メカニカルストレス信号伝達メカニズムの解明:Srcファミリーキナーゼの基質p130Casの伸展を介するメカノセンシング」
再生医科学研究所にて
2007年3月16日(金)
今井 賢治 博士
 東海大学 医学部 基礎医学系分子生命科学・教授
「脊柱形成における硬節細胞分化を制御する 分子メカニズムの解析」
再生医科学研究所にて
2007年1月19日(金)
古谷ー清木 誠 先生
科学技術振興機構 SORST近藤研究チーム/京都大学再生医科学研究所・客員助教授
「メダカ・ゼブラフィッシュを統合した新しい脊椎動物モデル系による臓器構築機構の解析」
再生医科学研究所にて
2006年12月20日
Yasuyoshi Ueki, MD, PhD
Research Associates,
Department of Developmental Biology,
Harvard School of Dental Medicine
"Molecular and Cellular Pathogenesis of Cherubism
~ Insights from rare disease~"
再生医科学研究所にて
2006年12月15日
小守 壽文先生
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 生命医科学講座・教授
「転写因子による骨形成制御機構」
再生医科学研究所にて
2006年11月27日
池川 志郎先生
独立行政法人 理化学研究所
遺伝子多型研究センター 
「ゲノム時代の疾患研究-ベッドサイドのエビデンスを出発点とした ”common disease”、生活習慣病の解明」
再生医科学研究所にて
2006年9月22日
東山 繁樹先生
愛媛大学大学院医学系 生化学・分子遺伝学分野 教授
独立行政法人・科学技術振興機構 さきがけ (情報と細胞機能)
「膜型細胞増殖因子による細胞増殖と増殖抑制解除の共役分子反応」
再生医科学研究所にて
2006年9月19日
鄭 雄一先生
東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター・助教授
「細胞センサーによる骨軟骨分化誘導因子のスクリーニングと候補因子の解析」
再生医科学研究所にて
2006年4月12日
Reinhard Koster
Institute of Developmental Genetics GSF-National Research Center for Environment and Health/ Group leader
“Analyzing neuronal migration in vivo: Cellular Behavior and Molecular Mechanisms”.
再生医科学研究所にて
2006年2月17日
渥美 忠男 博士
 理化学研究所・中央研究所・先任研究員
「ES細胞からの造血幹細胞株の樹立」
再生医科学研究所にて
2006年1月25日
小椋 利彦 東北大学加齢医学研究所・教授 (再生研客員教授)
組織形成において生じる細胞のゆがみはどう受容されるか。
ー細胞骨格から核へのシグナル伝達、機械的ストレスから遺伝子発現へー
再生医科学研究所にて
2005年9月30日(金)
「ゲノムから疾患へ?骨・関節のcommon diseaseの感受性遺伝子の同定」
独立行政法人 理化学研究所 遺伝子多型研究センター 池川 志郎先生

再生医科学研究所にて
2005年9月20日(火) 非常勤講師講義
「真の骨の形は計算できるか?〜計算機の進化がもたらす網羅的解析によるアプローチ〜」
東京理科大学生命科学研究所 手塚 建一先生
再生医科学研究所にて
2005年2月18日(金)
「酸化ストレスシグナルによる細胞死と自然免疫の制御」
東京大学大学院薬学系研究科 一條 秀憲先生
再生医科学研究所にて
2005年1月26日(水) 再生研客員教授講義
「The prepattern transcription factor Irx2, a target of the FGF8/MAP kinase cascade, regulates the cerebellum formation.」
東北大学 加齢医学研究所 小椋 利彦先生
再生医科学研究所にて
2005年1月22日(土) 非常勤講師講義
「軟骨組織からのChM-I抽出効率と代謝」
三菱ウェルファーマ株式会社 近藤 淳先生
再生医科学研究所生体分子設計学分野にて

2005年1月7日(金) 非常勤講師講義
「脊椎形成の発生分子遺伝学」
GSF国立研究センター 今井 賢治先生
再生医科学研究所にて

2004年9月14日(火)
「The German Mouse Clinic- The New Standard in Comprehensive Phenotyping of Mouse Models」
Prof. Dr. Martie Hrabe de Angelis
Institute of Experimental Genetics, GSF National Research Centre in Munich
再生医科学研究所東館ルーフテラスにて
2004年6月23日(金)
「頭部血管系の解剖学的構造を決定するのは血流か?遺伝子か?(ゼブラフィッシュとメダカによる解析)」
岩手医科大学解剖学第一講座 磯貝 純夫先生
再生医科学研究所西館地下会議室にて
2004年35日(金)
Runxファミリーによる軟骨細胞分化制御機構」
大阪大学大学院医学系研究科分子病態内科学講座 小守 壽文先生
再生医科学研究所東館ルーフテラス
にて
2004年34日(火)
SPC ファミリ−(ズブチリシン様プロプロテイン変換酵素)の多様性とその生理的意義」
徳島大学工学部・教授 松田 佳子先生
再生医科学研究所西館会議室
2004年2月13日(金)
「骨・軟骨分化誘導因子の解析再生医療をめざしたアプローチ」
東京大学大学院医学系研究科骨軟骨再生医療寄付講座・助教授 鄭 雄一先生
再生医科学研究所東館ルーフテラス
にて
2004年1月16日(金) (生体分子・生体システム制御学セミナー)
「インテグリンレセプターの構造変化リガンド結合とシグナリングを結ぶ鍵」
大阪大学蛋白質研究所・教授 (プロテオミクス総合研究センター・プロテオーム物質創製研究系) 高木 淳一
先生
再生医科学研究所東館ルーフテラス
にて
2004年1月23日(金) 非常勤講師講義
「プロテオーム解析の現状」
三菱ウェルファーマ株式会社 横浜研究所 創薬基盤研・主管研究員
近藤 淳先生
再生医科学研究所西館セミナー室にて
2003年12月22日(月) 非常勤講師講義
「ES細胞からの体性幹細胞の形成」
理化学研究所・分子細胞生物学研究室・先任研究員 渥美 忠男先生

再生医科学研究所西館セミナー室にて
2003年9月25日(木)
「ゲノミクス研究の創薬への応用」
住友製薬株式会社 研究本部 ゲノム科学研究所・所長 金岡 昌治先生
再生医科学研究所東館ルーフテラスにて
20031月14日(火) 非常勤講師講義
I Bone: コンピュータで作る骨」
東京理科大学生命科学研究所・講師 手塚 建一先生
再生医科学研究所東館ルーフテラス
2002年3月26日(火)
「エンドスタチンと基底膜コラーゲン由来の血管新生阻害因子」
東京医科歯科大学難治疾患研究所・講師 山口 典子先生
再生医科学研究所東館ルーフテラス

20023月19日(火)
 「骨軟骨疾患分野における創薬・開発の将来展望」
住友製薬研究本部創薬第二研究所・主任研究員 勝又 隆先生
再生医科学研究所東館ルーフテラス

2002年2月26日(水) 非常勤講師講義
「神経幹細胞の神経系以外の細胞への分化能の検討」
理化学研究所分子細胞生物学研究室先任研究員 渥美 忠男先生
再生医科学研究所東館ルーフテラス
2002年1月22日(火) 非常勤講師講義
「複雑系骨形態シュミレーション:I Bone −反応拡散系と有限要素法による形状最適化ストラテジー−」
東京理科大学生命科学研究所 講師 手塚 建一先生
再生医科学研究所東館
ルーフテラス
2001年7月17日(火)
「軟骨形成における転写制御機構とBMPの役割」
大阪大学医学部非常勤講師 大阪警察病院整形外科 妻木 範行先生
再生医科学研究所東館ルーフテラス
2001年7月18日(水)
Isolation of Embryonic Endothelial Progenitor Cells and Their Properties in vitro and in vivo
Antonis K. Hatzopoulos
Institute for Clinical Molecular Biology and Tumor Genetics GSF- Research Center for Environment and Health (Munich, Germany) 東館ルーフテラス
2001年7月16日(月)
”Genetics of Craniofacial Development. Zebrafish as a Model System
Ela W. Knapik
Zebrafish Genetics Laboratory, Institute of Mammalian Genetics GSF- National Research Center for Environment and Health (Munich, Germany)
東館ルーフテラス