関節軟骨の修復のメカニズムに関する研究

軟骨性骨原基として形成された軟骨は、発生・成長過程で大部分が骨に置換し、成体ではわずかに関節表面を覆うのみである。血管に富み旺盛な再生能力をもつ骨組織とは逆に、関節軟骨は極めて再生能力に乏しい組織である。関節表面の軟骨が損傷を受けると容易に変形性関節炎へ移行し、関節表面を再び硝子軟骨で再生させることは極めて困難である。本研究室では、ウサギ関節軟骨全層欠損モデルを用いて、軟骨修復機構の解析を行っている。本修復モデルは軟骨初期分化を解析する有用なin vivoモデルとなり、軟骨再生に必要な組織幹細胞の増殖・分化制御の分子機序の解明と臨床応用にに結実するものと期待される。