2001年

著書および総説
  1. 開 祐司 (2002) 現代化学、26pp. 148-152::(増刊41「再生医学・再生医療」)骨の再生
  2. 開 祐司 (2002) Rheumatology Clinical Update842-43 OAの治療(基礎から臨床へ)-軟骨の再生
  3. 開 祐司 (2002) 「第43回日本老年医学会学術集会記録〈Aging Science Forum:老化メカニズムと再生医学〉」3948-50増殖分化因子による骨・軟骨の再生
  4. 宿南知佐、西崎有利子、開 祐司 (2002) わかる実験医学シリーズ「再生医学がわかる」、63116-121:(トピックス編3)軟骨の分化を制御するシグナル分子
  5. 宿南知佐、開 祐司 (2002) CLINICAL CALUCIUM1216-21軟骨幹細胞の分化制御と臨床応用
  6. 宿南知佐、大島祐介、西崎有利子 (2002) CLINICAL CALUCIUM 1244-50 Chondromodulin-Iと関連遺伝子Tenomodulin
  7. 開 祐司 (2002) 120回日本医学会シンポジウム記録集「血管新生の基礎と臨床」II750-56:(血管新生と腫瘍)内因性血管新生抑制因子としてのコンドロモジュリン-I
  8. 宿南知佐、大島佑介、西崎有利子、開 祐司 (2002) 実験医学、201116-1123:(増刊「血管研究の最前線2002」)コンドロモジュリン-Iとテノモジュリン 間葉系組織由来の血管新生抑制因子
  9. 宿南知佐 (2002) 「分子細胞治療」、127-32軟骨細胞の再生制御
  10. 宿南知佐、中道裕子、開 祐司 (2002) 実験医学、202511-2516:(増刊「最新の骨研究に迫る」)軟骨由来制御因子コンドロモジュリン-I
原著論文
  1. Kusafuka, K., Hiraki, Y., Shukunami, C., Kayano, T., Takemura, T (2002) Acta Histochem., 104, 167-175; Cartilage-specific matrix protein, chondromodulin-I (ChM-I), is a strong angio-inhibitor in endochondral ossification of human neonatal vertebral tissues in vivo: relationship with angiogenic factors in the cartilage.
  2. Inoue, H., Hiraki, Y., Nawa, T., Ishizeki, K (2002) Anat. Science Int., 77: 237-246; Phenotypic switching of in vitro mandibular chondylar cartilage during matrix mineralization.