リンパ球発生の制御機構

Bリンパ球は、抗体産生細胞として、免疫系の重要な機能を担う細胞で、骨髄で発生し、好中球と共に、骨髄中に最も多く存在する有核血球細胞でもあります。 Bリンパ球の産生は、造血幹細胞からBまたはTリンパ球に系列決定されることから始まりますが、その細胞外よりの制御機構は不明です。一方、細胞の接着や運動を調節することで知られるケモカインファミリー(注3)のCXCL12(SDF-1、PBSFとも呼ばれる。)は、早期の分化段階よりBリンパ球の形成に必須の役割を果たし、CXCL12を高発現する突起を持った細網細胞(CXCL12-abundant reticular cells; CAR cells)は、骨髄の中でBリンパ球への系列決定や増殖・分化に重要なニッチ細胞(注1)の候補でもあります。 私たちはこれらの研究成果を基盤にして、次のような研究を行っています。

  • 「細胞外の環境がどのようにして造血幹細胞からBリンパ球とTリンパ球に系列決定するのか?」 CAR細胞の機能と細胞の局在に注目した解析。
  • CXCL12とその受容体CXCR4のBリンパ球やTリンパ球の発生における機能と作用機構の解析。
注は、研究の概要のページに説明があります。


前のページに戻る
トップページにもどる
再生医科学研究所HPにもどる