マウス生殖細胞の発生分化機構


 

哺乳類の個体発生と世代間の連続は生殖細胞と多能性幹細胞の繰り返しを基盤として成立している。これら生殖系列細胞に内在する 分子システムは体細胞系列が分岐する際の"基底状態" であると考えられるが、当グループではマウス生殖細胞を対象にその発生分化制御機構の解明や新たな実験手法の開発を行っている。これまでに我々は始原生殖細胞の体外培養系を確立して雌性生殖細胞が減数分裂を開始する過程を平面培養下で進行させる事に成功し、減数分裂への移行を制御する因子や雌雄生殖巣体細胞との相互作用について解析を行う事を可能にした。現在は、生殖細胞細胞質内に観察されるchromatoid body/nuage 構造に焦点を絞り、 その構成因子の同定や機能解析を通じて同構造の細胞生物学的な役割の解明に取り組んでいる。一方、我々は成体雄生殖細胞へ効率良く外来遺伝子を導入するシステムを作出した。現在、同方法を用いて雄生殖細胞の分化制御機構を解析する為の新たな実験系の開発に取り組んでいる。


Schematic representation of germ-linedevelopment in mice

 






Autonomous transition into meiosis of mousefetal germ cells in vitro and its inhibition by gp130 mediated signalling

 






Identification of components of chromatoidbodies/nuages in mice

 






In vivo transfection of testicular germcells at different stages with the EGFP gene. (A), spermatogonia; (B),spermatocytes.

 





 

Back to home