研究活動 …プロジェクト…

ES細胞/iPS細胞in vitro分化系を用いた心血管細胞分化多様化の分子機構の解析

  • DNAチップを用いた網羅的心血管分化関連遺伝子の同定
  • RNA干渉を用いたin vitro遺伝子機能解析系の構築 (Hiraoka-Kanie, Biochem Biophys Res Commun, 2006)
  • 動静脈・リンパ管内皮特異的分化誘導と内皮細胞多様化機構の解析 (Yurugi-Kobayashi, Arterioscler Thromb Vasc Biol, 2006; Kono, Arterioscler Thromb Vasc Biol, 2006; Yamashita, Trends Cardiovasc Med, 2007; Yamamizu, J Cell Biol, 2010)
  • cAMP及びPKAによる血管内皮細胞の分化能調節機構 (Yamamizu, Blood, 2009; Yamamizu, Stem Cells, 30: 687-696, 2012)
  • 血管内皮分化及び血管形成におけるオピオイドの意義 (Yamamizu, Blood, 2011表紙) (星薬科大学との共同研究)
  • 物理的刺激の血管内皮分化多様化における意義 (Yamamoto, Am J Physiol Heart Circ Physiol, 2005) (東京大学との共同研究)
  • ES/iPS細胞分化過程におけるエピジェネティクス解析 (東京大学との共同研究)

誘導血管細胞の血管再生への応用

  • 移植ドナー細胞の最適な分化段階の決定 (Yurugi-Kobayashi, Blood, 2003)
  • 人工生体材料を用いたハイブリッド人工血管 (Huang, J Artif Organ, 2005)

ES細胞からの心筋細胞の分化誘導と再生治療応用

  • 2次元培養による新しいES細胞からの心筋細胞分化誘導法の開発と新しい心筋前駆細胞の同定 (Yamashita, FASEB J, 2005)
  • 心筋細胞in vitro分化系を用いた心筋分化・多様化の分子機構の解析
  • ES細胞由来心筋細胞自動能形成機構の解析 (Yanagi, Stem Cells, 2007)
  • サイクロスポリンAを用いた新しい高効率心筋前駆細胞・心筋細胞分化誘導法 (Yan, Biochem Biophys Res Commun, 2009) (京都大学心臓血管外科との共同研究)
  • 新しい心臓再生治療への応用。i) 心筋前駆細胞移植。ii) ES/iPS細胞由来心血管細胞を用いた心組織シート移植 (東京女子医大・京都大学心臓血管外科との共同研究)
  • サルES細胞からの血管分化誘導
    • サルES細胞からの血管分化誘導に成功した (Sone, Circulation, 2003) (京都大学臨床病態医科学との共同研究)
  • ヒトES細胞からの血管分化誘導
    • 京都大学臨床病態医科学申請の輸入ヒトES細胞を用いた血管分化研究に参画 (Sone, Arterioscler Thromb Vasc Biol, 2007; Yamahara,PLoS One,2008)
  • ヒトES細胞からの心筋細胞分化誘導
    • ヒトES細胞使用計画「ヒトES細胞を用いた心血管細胞分化機構に関する研究」 (研究代表者・山下 潤、平成17年3月10日文部科学大臣承認)

iPS細胞からの心筋細胞の分化誘導と再生治療応用

  • マウスiPS細胞を用いた心血管分化系の構築 (Narazaki, Circulation, 2008; Best Paper Award in Basic Science category, Circulation 2008)
  • ヒトiPS細胞からの心筋細胞分化誘導法の開発
    • サイクロスポリンA法の応用 (Fujiwara, PLoS One, 2011) (臨床病態医科学との共同研究)
    • 新しい高効率心筋分化誘導法の開発とVCAM1を表面抗原として用いた新しい心筋細胞純化法の開発 (Uosaki, PLoS One, 2011)
    • iPS細胞分化システムのケミカルバイオロジー及び創薬応用 (Nakao, Bioorg Med Chem Lett, 2008) (早稲田大学他との共同研究)
    • 心筋細胞分化・増殖を促進する新しい化合物の探索・同定