Japanese Top

胚性幹細胞研究分野

ようこそ、京都大学再生医科学研究所 幹細胞研究部門 胚性幹細胞研究分野へ
私達は以下の領域で研究活動を進めています。

1) ヒトES細胞株の樹立と特性解析

私たちは日本国内に2カ所あるヒトES細胞樹立機関の一つとして、ヒトES細胞の作成と研究機関への細胞の分配を行っています。

2) ヒトES細胞の分配と培養技術研修

ヒトES細胞やiPS細胞を医療応用する上で、安全性の高い培養法の確立が必要不可欠であり、私たちはその確立に向けた研究開発を進めています。

3) 霊長類ES細胞の特質と培養操作法に関する研究

ヒトES細胞やiPS細胞が未分化状態を維持したまま増殖する仕組みの解析や、未分化状態から胚葉形成に至る分子機構の解明を進めています。

4) ES細胞を用いた発生分化に関する研究

ヒトES細胞やiPS細胞の利用において各種の遺伝子改変技術は非常に有用な基盤技術ですが、これらの細胞の遺伝子操作はマウスES細胞などに比べて難しいことが知られています。私たちはこの問題を解決するために様々な技術開発を行っています。

5) ヒトES細胞の臨床応用 / 細胞処理・保存施設

ES研究棟内に設置したヒトES細胞専用の細胞処理・保存施設 (Cell Processing Facility : CPF) において、臨床応用に使用可能な品質レベルのヒトES細胞リソースの臨床研究施設への提供と、将来のヒトES細胞株バンクの実現を目指し、研究活動を進めています。

コンテンツ

(C)2012, Lab. of Embyonic Stem Cell Res., Inst. for Frontier Med. Sci., Kyoto-u All Rights Reserved
Last Update on 2012.6.1