京都大学再生医科学研究所google

English
HOME

交通案内
サイトマップ
研究室の概要 ご意見・ご感想 年報事務室内部専用
研究室紹介
生体機能学研究部門
生体組織工学研究部門
再生統御学研究部門
再生医学応用研究部門
組織再生応用分野
器官形成応用分野
臓器再建応用分野
再生医学応用分野
幹細胞研究部門
附属施設
情報公開ページ
 
ヒトES細胞プロジェクト
教員任期制に関する情報公開

教員公募案内
お知らせ
リンク
 
京都大学
国立大学附置研究所センター長会議
京都大学南西地区共通事務部
 
再生医学応用研究部門
組織再生応用分野器官形成応用分野 臓器再建応用分野
組織再生応用分野

教授 戸口田 淳也

 本研究分野は間葉系組織の再生修復過程の理解とその治療への応用を目標としている.組織再生において重要な因子である細胞増殖及び分化形質発現の分子機構を,間葉系組織由来の悪性腫瘍に対する研究を起点として解析することを特色としている.現在主として間葉系幹細胞に関する以下の研究プロジェクトを遂行し,その組織再生への応用を探索している.
1. 間葉系幹細胞の増殖及び分化制御機構の解明
2. 間葉系幹細胞の癌化機構の解析とその監視機構の開発
3. 間葉系幹細胞を用いた難治性病変への新規治療法の開発
4. 関節軟骨再生に対するプロスタノイド受容体作動性物質の応用

ページ先頭へ

器官形成応用分野

准教授 角 昭一郎

 移植医療に取って代わる普遍的な糖尿病治療法の開発は,緊急の課題である.当分野では,再生医療の立場から糖尿病治療に貢献するため,以下のような研究を行っている.
1.バイオ人工膵:ヒトまたはヒト以外の膵島(様)細胞を,免疫隔離半透膜で被覆して移植することにより,ドナー不足や免疫抑制のない糖尿病治療が可能となる.最近は,凍結法によるポリビニルアルコール-マクロカプセル化膵島を開発し,ヒト膵島やブタ膵島,in vitroで分化誘導した膵島様細胞を組み込んだシート型マクロカプセル化膵島の実現をめざしている.
2.膵島様細胞の分化誘導:糖尿病治療の細胞資源として,ES細胞や膵管上皮細胞から膵島細胞への分化誘導,膵島細胞と骨髄由来間葉系幹細胞の細胞融合やインスリノーマ細胞の医療応用を研究している.また,分化誘導・細胞機能向上の手段として,高効率の細胞塊形成法を研究中である.
3.血管新生の研究:細胞やバイオ人工臓器の皮下移植を目指した皮下血管誘導技術を開発している.
4.全身糖代謝シミュレータの構築:血糖の維持機構の再現や,人工膵臓に応用可能なモデル予測制御の実現をめざして研究を行っている.

ページ先頭へ

臓器再建応用分野

准教授 中村 達雄

 私達の研究は,自分自身の細胞が増殖および分化できる適切な環境を体内に与えることにより,ヒトの体の様々な損傷組織および臓器を再生させることを目標としている.これらの研究は常に臨床応用を考慮しており,そのうちのいくつかは,胸部外科,腹部外科,耳鼻咽喉科,整形外科,形成外科等ですでに臨床応用されている.

(a) 細胞のマイクロパターン培養.(b) 表面プラズモン共鳴イメージングによる生体分子相互作用の多点同時解析.(c) 脳血管用ステント.(d) ランゲルハンス島をマイクロカプセルに封入したバイオ人工膵臓.(e) 表面設計された高分子基材上で神経に分化誘導されたES細胞塊.(f) 抗体アレイを利用した細胞表面マーカーの迅速タイピング.

ページ先頭へ