ホーム>臓器再建応用分野での研究について

臓器再建応用分野での研究について

当分野では、これまで高分子材料の基礎研究、体外型(機械型)人工臓器、埋め込型人工臓器、外科手術用材料、材料科学、DDS(*)の分野で研究を続けており、その延長として再生医療の分野で新しい研究に取り組んでいます。また対象としている臓器や組織としては気管、気管支、血管、食道、腸管、結合組織、皮膚、肺、腎臓、膀胱、膜、歯、神経などがあります。
*drug delivery system 薬剤徐放システム

ヒカル:ふーん、いろんな研究をやっているんだ。

Dr.Funky:そうなんじゃ、研究中の臓器を説明するから、ヒカルちゃん、ちょっと服を脱いでくれんか。

ヒカル:そんな?!ドクター、はずかしい〜

Dr.Funky:おねがいしますぅ〜、わかりやすく説明するんじゃ!

 

ヒカル:じゃ、大切な説明のために脱いじゃいます。ちょっとはずかしいけど、スタイルは自信あるの。ふふっ

Dr.Funky:ヒカルちゃんの体にタッチすると現在研究中の臓器について、わしが説明するんじゃ。

現在の研究へ

All rights reserved to Department of Bioartificial Organs, IFMeS, Kyoto Univ.