ホーム>臓器再建応用分野での現在の研究について

現在の研究について

神経の再生

 動物の末梢神経は再生能力を持っています。これを利用して、切れてしまった神経を再接続させることは臨床的に大きな意義を持っているので、今後注目される分野となるでしょう。

※イメージをクリックすると大きなイメージを見ることができます。

 外傷や癌などによって神経が切断された場合、切れ端が近い場合はそのまま吻合して、神経の持っている機能を温存できることがあります。しかし、長く切断された神経はそのままつなげることはできません。これをそのまま放っておけば、切断部分の間の神経のない部分に結合組織が侵入して神経はつながりません。そこで、両方の断端の間に神経の再生する場所(パイプ状の)を作ると、切れ端の神経がのびてきて神経は再生されます。奈良県立医科大学・稲田病院との臨床共同研究で使用され大きな効果をあげています。

もどる

All rights reserved to Department of Bioartificial Organs, IFMeS, Kyoto Univ.