ホーム現在の研究について>人工食道

現在の研究について

人工食道

気管の様な内腔臓器は比較的簡単に再生することが分かってきました。

※イメージをクリックすると大きなイメージを見ることができます。

気管の場合と同じように癌などの治療や外傷その他のために、食道の一部を失ったとき、その部分部分を人工食道で置き換えるための研究をしています。
 私たちの開発している人工食道は人工材料で作ったコラーゲンとシリコンの2層構造のチューブを正常な食道につなぎ合わせて、そこにヒトの正常な食道の組織を再生させようとする試みです。
 動物実験では5cmの再生に成功しています。
 気管の場合と違うのは、内部に入れるシリコンチューブを一定期間の後に抜き取ることです。 図2のように食道粘膜が再生しています。

 

 

 

 

 

 

もどる

All rights reserved to Department of Bioartificial Organs, IFMeS, Kyoto Univ.