松下 慎二

京都大学 再生医科学研究所 ナノ再生医工学研究センター
バイオメカニクス研究領域 博士課程3回生

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町町53
matsushitafrontier.kyoto-u.ac.jp

研究テーマ

  • アクチン細胞骨格の分子動力学解析
  • 生体分子の力学特性評価



学位

学士 京都大学 工学部 物理工学科
修士 京都大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻



経歴

2000.4-2003.3 兵庫県立 長田高等学校
2003.4-2007.3 京都大学 工学部 物理工学科
2007.4-2009.3 京都大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻 博士前期課程
2009.4-2011.3 京都大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻 博士後期課程
2009.4- 日本学術振興会 特別研究員 DC1
2011.4- 京都大学大学院 工学研究科 マイクロエンジニアリング専攻 博士後期課程 (転専攻)



研究業績

査読付き論文

1. Hidetaka Yamaoka, Shinji Matsushita, Yoshitaka Shimada, Taiji Adachi, “Multiscale modeling and mechanics of filamentous actin cytoskeleton”, Biomechanics and Modeling in Mechanobiology (in press).
2. Shinji Matsushita, Taiji Adachi, Yasuhiro Inoue, Masaki Hojo, Masahiro Sokabe, “Effect of Tensile Force on the Mechanical Behaviour of Actin Filaments”, Journal of Biomechanics 44(9), pp. 1776-1781, 2011.
3. Shinji Matsushita, Taiji Adachi, Yasuhiro Inoue, Masaki Hojo, Masahiro Sokabe, “Evaluation of Extensional and Torsional Stiffness of Single Actin Filaments by Molecular Dynamics Analysis”, Journal of Biomechanics 43(16), pp. 3162-3167, 2010.

学会発表

<国際会議>
1. Simona Patriche, Shinji Matsushita, Mihaela Banu, Bogdan I. Epureanu, Taiji Adachi, “Atomistic Mechano-Chemical Modeling of Kinesins”, SPIE,San Diego,2011年4月.
2. Shinji Matsushita, Taiji Adachi, Yasuhiro Inoue, Masaki Hojo and Masahiro Sokabe, “Quantitative evaluation of stiffness of actin filament under different mechanical conditions”, 6th World Congress of Biomechanics,Singapole,2010年7月.
3. Shinji Matsushita, Taiji Adachi, Yasuhiro Inoue, Masaki Hojo and Masahiro Sokabe, “Molecular dynamics analysis of mechanical behaviour of actin filaments under tension”, JSPS symposium, Sweden, 2009年6月.
4. Shinji Matsushita, Taiji Adachi, Yasuhiro Inoue, Masaki Hojo and Masahiro Sokabe, “Evaluation of extensional stiffness of a single actin filament by molecular dynamics simulation”, 4th Asian Pacific Conference on Biomechanics, NZ, 2009年4月.

<国内会議>
1. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“張力作用下におけるアクチンフィラメントの分子構造ゆらぎと力学特性”,第3回 バイオスーパーコンピューティングシンポジウム,神戸,2011年2月.
2. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“張力作用下におけるアクチンフィラメントの分子間相互作用解析”,日本機械学会第23回日本計算力学講演会CMD2010,北見,2010年9月.
3. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“張力はアクチンサブユニットのねじれ運動を抑制する”,日本生物物理学会第48回年会,仙台,2010年9月.
4. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“分子動力学法を用いたアクチンフィラメントの引張・ねじり剛性評価”,日本機械学会 2010年度年次大会,名古屋,2010年9月.
5. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“Molecular Dynamics Simulations of Single Actin Filaments under Different Mechanical Conditions”,第2回 バイオスーパーコンピューティングシンポジウム,東京,2010年2月.
6. 安達泰治,松下慎二,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“Mechanical Behavior of Actin Filaments: Molecular Dynamics Simulation Study”,日本生物物理学会第47回年会,徳島,2009年12月.
7. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“Effects of tensile force on mechanical behavior of actin filament”,日本生物物理学会第47回年会,徳島,2009年12月.
8. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“分子動力学計算によるアクチン細胞骨格の力学的特性の解明”,次世代スーパーコンピューティング・シンポジウム2009,東京,2009年10月.
9. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“張力がアクチンフィラメントの分子間相互作用に及ぼす影響”,日本機械学会第22回日本計算力学講演会CMD2009,金沢,2009年10月.
10. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“分子動力学解析によるアクチンフィラメントの力学的特性の解明”,第2回融合ナノ基盤若手研究者交流会,京都,2009年6月.
11. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“アクチンフィラメントの構造ゆらぎと力学特性: 分子動力学法による検討”,日本機械学会第21回バイオエンジニアリング講演会,札幌,2009年1月.
12. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“Stiffness Evaluation of Actin Filament by Molecular Dynamics Analysis”,日本生物物理学会第46回年会,福岡,2008年12月.
13. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“分子動力学法によるアクチンフィラメントの力学特性評価”,VCAD理研シンポジウム2008,和光,2008年11月.
14. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“張力作用下におけるアクチンフィラメントの分子ダイナミクス解析”,日本機械学会第21回日本計算力学講演会CMD2008,沖縄,2008年11月.
15. 松下慎二,安達泰治,井上康博,北條正樹,“アクチンフィラメントのねじり挙動解析:分子動力学法による検討”,帝人21世紀フォーラム,品川,2008年2月.
16. 安達泰治,井上康博,島田義孝,松下慎二,北條正樹,“アクチン細胞骨格ダイナミクスのマルチスケールシミュレーション”,日本生物物理学会第45回年会,横浜,2007年12月.
17. 松下慎二,“アクチンフィラメントのねじり挙動解析:分子動力学法による検討”,VCAD理研シンポジウム2007,和光,2007年10月.
18. 松下慎二,安達泰治,井上康博,曽我部正博,北條正樹,“分子動力学法を用いたアクチンフィラメントのねじれ特性解析”,日本機械学会第11回バイオフロンティア講演会,85-86,福岡,2007年10月.



所属学会

  • 日本機械学会
  • 日本生物物理学会



(c) 2011-2015 Department of Biomechanics, Institute for Frontier Medical Sciences, Kyoto University